教師が「娘のように思っていた」という女子生徒のスカートに手を入れ懲戒処分

教師が「娘のように思っていた」という女子生徒のスカートに手を入れ懲戒処分青森市の県立高校の男性教諭(54)が、女子生徒に個別指導中、スカートに手を入れたり後ろから抱きつくなどのセクハラ行為を行って停職6カ月の懲戒処分になったらしい。「娘のように思っていた。がんばれよ、という気持ちでやった」と話しているという。
(※画像はイメージです)




最近の性犯罪関連のニュースで見かけるコメントにはおもしろいものが多い。

今回の男性教師が女子生徒のスカートの中に手を入れたり後ろから抱きつくというセクハラ行為では、男性教師の「娘のように思っていた。がんばれよ、という気持ちでやった」というコメントが掲載されていた。これ意味不明。

娘に「スカートの中に手を入れたり」はもちろんのこと、「後ろから抱きつく」ってのもありえないでしょ。幼児ならともかく、高校生の娘にする?

それに対して当然ネット上でもツッコミが入っていて、

「がんばれよ でスカートの中が理解できません」
「娘のスカートに手を突っ込んだら殺されるだろjk」
「なおさら変態じゃねーか。」

といった書き込みが見られた。

また、

「ほんと、犯罪者の弁明って下手な漫才よりよっぽど笑えるわ。w」

という書き込みもあり、まったくもって同感。

ちなみにこの男性教師は停職6カ月の懲戒処分を受けたが、同日、退職したらしい。
素直にイメクラでも行っておけばよかったのに・・・。

ソース元:
女生徒のスカートに手 青森県立高教諭、セクハラで停職 -MSN産経ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。